買える!作れる!美味しい海老せんべい列伝 » えびを使ったOEM » えびせんのOEMがおすすめな理由

公開日: |最終更新日時:

えびせんのOEMがおすすめな理由

えびは日本人にも特に馴染みのある食材であり、それを取扱ったえびせんべいはOEMにもうってつけの存在。えびせんのOEMがおすすめの理由やメリットについて解説します。

日本人にとって海老は縁起もの

えびは日本人にとってなじみ深い縁起もの。めでたい日やイベントでは、以下のような理由からえびが多く採用されています。

長寿や健康の象徴

えびは長寿や健康の象徴として知られる食材です。色鮮やかな赤色は威勢の良さを表します。いつまでも健康を願い、元気はつらつと過ごしていくことを願うのにぴったりのモチーフと言えるでしょう。

また、長いひげを持ち、腰の曲がっている姿は老人の姿とも似ています。実際にえびを漢字で書くと「海老」であり、「海の翁」を意味しています。昔から長寿と深い結びつきを持つえびは、還暦祝いなど健康や長寿をお祝いするイベントでも活躍しているのです。「腰が曲るまで長生きする」という願いを込められて使われることも珍しくありません。

えびは脱皮することでも知られる生き物です。新たに生まれ変わり続ける、「成長」という意味もまた、発展や出世を願う場面でえびが採用される理由の一つです。

お祝い事(めでたい)の象徴

お正月のおせちでもよくえびが使われますが、この理由は「めでたい」ことの象徴として、えびが親しまれているからです。えびは目玉が飛び出しているため「目・出た」からめでたいことの象徴となりました。

また、茹でたえびの真っ赤な色合いも鮮やかなため、これもめでたさの象徴として扱われる理由の一つです。

偕老同穴の語源も海老

「偕老同穴」というのは、「生きては共に老い、死しては同じ穴に葬られる」という意味を持つ言葉です。仲睦まじく連れ添う夫婦を願い、祝う言葉として使われる言葉です。

この偕老洞穴を「海老」とかけて、夫婦を祝うような場面でえびが用いられることもあります。

金運アップにも効く

えびは威勢よくピョン、と強く跳ね上がります。上向きに反り立ったその姿や、元気な姿は度々「運気UP」の象徴としても用いられます。運気を上げる、中でも金運のアップにも繋がるという考えから、運気を上げるための験を担ぐ食材として取り入れられることも。

えびせんでワンランク上の贈答品を演出

せんべいは日持ちするため贈答品向きではありますが、せんべい単体ではやや年配層向けの印象があるため、若年層に受け入れられにくいことも。ただしえびせんであれば、手軽なお菓子としてどんな層にも受け入れられやすいでしょう。

えびは縁起物としてだけではなく、様々な意味合いを持っており多くの場面で活躍できる食材です。日持ちしやすく、どんな層にも受け入れられやすいえびせんは、縁起を大切にしながらも贈る相手から喜ばれやすい贈答品となるでしょう。

関連ページ

買える!作れる!美味しい海老せんべい列伝

えびせんべいのOEMにおすすめの業者 えびを使ったOEM
海産物のOEM
儲かる食品OEMの選び方
可能な限りお客様の要望を実現! せんべい一筋20年
OEM業者を取材!
詳しくはこちら