買える!作れる!美味しい海老せんべい列伝 » えびを使ったOEM » 海産物のOEM

公開日: |最終更新日時:

海産物のOEM

えびや海産物は、加工しやすい素材なので、えびせんべいをはじめ、様々なOEM商品を作り出すことが可能です。ここでは、えびや海産物などの水産加工OEMについてご紹介します。海産物系の菓子類製造でおすすめの業者3選も必見です。

えびを使ってできる水産加工OEMとは

調理加工するOEM

えびを調理加工して製造できるOEM製品としては、家庭や飲食店向けのチルド総菜やパスタソース、インスタントスープ、練り製品、ふりかけ、菓子類などがあります。

メリット

デメリット

冷凍加工するOEM

えびを冷凍加工して製造できるOEM製品としては、家庭や飲食店向けの揚げ物(天ぷらやフライなど)、総菜(エビのマヨネーズ和え、エビチリ、ガーリックシュリンプなど)、シーフードミックス、生食用えびなどがあります。

メリット

デメリット

新たな商品に加工するOEM

えびや海産物を使った新しい加工商品としては、えびせんべいなどの菓子類、カレーなどのレトルト食品、スープなどの缶詰、海老餃子などの総菜類、炊き込みご飯の素やふりかけ、佃煮などのご飯のおともといったように、多様な加工商品を作り出すことが可能です。

メリット

デメリット

魚介・海鮮をお菓子にするOEM業者3選

魚介・海鮮を使ったお菓子を製造できる、おすすめのOEM業者をピックアップしてご紹介します。

株式会社キヨタフーズ

えびをはじめ、様々な海産物を使ったせんべいを製造している企業です。素材の特徴を熟知しているからこそできる、「ノンフライ」「極薄焼き」のせんべいが人気商品。手間暇を惜しまずに丁寧に焼き上げられたえびせんべいが評価され、キヨタフーズが製造担当した商品が2012年愛知県観光土産認定審査会で最高賞を受賞しています。

OEMにおいても、素材にこだわった商品づくりをモットーとしているので、特に、おいしさを重視するクライアントにぴったりです。

※参照元:東日新聞|アカザエビせんべいに県知事賞

株式会社浜幸(つくだ煮街道)

創業70余年。佃煮の製造から始まった株式会社浜幸は、地元や近海で獲れた海産物を使った加工品の製造・販売を手掛けている企業です。

「おいしいせんべいを作る」という想いのもと、えびを贅沢に使ったえびせんべいや、ちりめん、たこ、かにを使ったせんべいもラインナップ。オリジナル商品の開発も積極的に行っており、えびを使ったポン菓子や、飲食店向けの生えびせんべい(えびせんべいの生地)なども扱っています。

長年の海産物加工で培った技術・知識に基づく、こだわりの詰まったOEM商品づくりが期待できます。

株式会社赤坂文殊庵

こだわりの素材と製法による、えびせんべいや海産物加工品を取り扱っている企業です。山陰名物の「モサエビ」を使った商品が人気となっています。代表商品の「モサエビせんべい」は、生地作りから完成まで2週間という、丁寧な手仕事が特徴です。

素材の特性を研究し、その持ち味を最大限に引き出す方法を追求することをモットーとしており、日々多ジャンルの海産物加工商品を製造しています。素材にこだわったオリジナリティの高いOEM商品を希望するクライアントにおすすめです。

関連ページ

買える!作れる!美味しい海老せんべい列伝

えびを使ったOEM
えびせんのOEMがおすすめな理由
儲かる食品OEMの選び方
こだわりポイントで選ぶ! せんべいのOEM
おすすめの業者はここ
詳しくはこちら